vio脱毛を医療レーザーでやるときの痛みを徹底調査!

見た目とともに衛生面からも脱毛したいと考える人が増えているvio脱毛。
効果が高くスピードも早い医療レーザーでのvio脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。

しかしvio脱毛は痛みが強いという話もよく耳にします。

ただでさえサロン脱毛と比べて痛みが強いとされる医療レーザー脱毛。

vio脱毛をやる時の痛みはどれくらいなのかネット上の口コミなどから徹底調査し、痛みを軽減する方法についてもまとめていきます。

vio脱毛を医療レーザーでやるときの痛みは?

vio脱毛を経験した人の口コミや体験談を調査してみると、「ワキ脱毛とは比べものにならないくらい痛かった」「思わずウッとかイタッと言ってしまうくらい痛い」「早く終わってと祈るしかないくらい痛い」「脂汗が出てきてもう無理と思った」などなど、強い痛みを感じている人が多いようです。

そもそも、医療レーザー脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射しますので、濃くて黒い色によく反応するんです。

vio脱毛の中でも特にVラインとIラインは、生えている毛が太くて濃いため反応しやすいといったことがあります。

またIラインやOラインは色素沈着による黒ずみがあることも多いため、レーザーの光に反応し痛みを感じやすいと言われています。

デリケートな部位で皮膚が薄いということも強い痛みを感じる要因のようです。

中には、「思っていたほど痛くなかった」「余裕で我慢できた」と言った声もありますが、基本的には多くの人がvio脱毛の痛みに耐えて頑張っています。

医療レーザーによるvio脱毛の痛みを軽減するためには?

そんな痛みを伴うvio脱毛ですが、痛みを軽減するためにできることがあります。

まず、生理中はvio脱毛の施術自体を行なっていないクリニックがほとんですが、生理前もホルモンバランスが変化しやすく、肌が敏感になったり体調が不安定になって痛みを感じやすくなる場合がありますので、施術を避けた方が無難です。

同様に体調が悪い時もあまり施術には向いていません。

そして、乾燥した肌は痛みを感じやすいということがありますので、普段から保湿クリームなどで肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

また、クリニックによっては色素沈着を改善する美白クリームを取り扱っているところがありますので、そういった美白剤を使って肌の色素沈着を改善しておくのも痛みを軽減するために効果的です。

そして最後に、どうしても我慢できない場合は、クリニックでは麻酔クリームや麻酔テープ、笑気ガスなどの準備があるところがあります。

痛みに弱い人はそういった麻酔を使用することもできます。

vio脱毛で強い痛みを感じるのは最初の数回という説も

体調に気をつけたり、保湿に気をつけたり、麻酔を使用したとしても、vio脱毛での痛みを完全に取り除くことはできないかもしれません。

しかし、強い痛みを感じるのは、最初の数回だとも言います。

というのも、医療レーザーはパワーが強いため1回の照射で高い効果を発揮し、後から生えてくる毛もだんだん細くなっていくからです。

実際にvio脱毛を体験した人の声でも、「最初の3回くらいまでは痛かったけど、それ以降はだんだん我慢できるようになった」「1回目の照射が一番痛かった」といったものがあります。

それにvio脱毛は照射の範囲も広くないため、実際の脱毛にかかる時間もそれほど長くありません。

vio脱毛をやっている人は、みんな痛みに耐えて頑張っています。

そう考えるとあなたも頑張れるような気がしてきませんか。

vio脱毛は、完了した多くの人が見た目の美しさはもちろんのこと、その快適さに「本当にやって良かった」と満足している脱毛部位なんです。

医療レーザーでのvio脱毛は、痛みは強いが満足度が高い

痛みが強いと言われる医療レーザーでのvio脱毛ですが、口コミなどを調査してみても、確かに強い痛みを感じることが多いようです。

生理前や体調不良時の施術を避けたり、保湿に気をつけたりすることで痛みを軽減できる場合もありますが、どうしても我慢できない時には麻酔を使用するという手もあります。

だけど、痛みは強いが満足度も高いのがvio脱毛。

vio脱毛をやった人の多くが「本当にやって良かった」と感じています。